腰痛を改善するために知っておくべき事

腰痛を改善するための方法はこれ

 

腰痛で眠れなくなる事の原因は日常生活によって起きる事が多いです。

 

その中でも特に気を付けねばならないのが腰痛の原因となっている椅子の座り方です。

 

椅子に座るという行為は日常の様々な場面で行うのですが、その時の姿勢の状態によって腰への負担は変わってきます。

 

また椅子に座る体勢は無意識でとっている事がほとんどなので、腰痛が酷い人は自分では気づかない内に悪い姿勢で座っているのです。

 

そこで正しい椅子の座り方をご紹介すると共に、腰痛で眠れない時に効果的な腰痛体操も併せてご紹介いたします。

 

まずは椅子の座り方を改善しながら、腰痛体操で痛みを和らげていくようにしてください。

 

 

椅子の座り方で腰痛は改善する事が可能です。さらに腰痛体操で予防にもつながります


 

デスクの正しい座り方

デスクに正しく座って腰痛を予防

 

まずは以下の動画をご覧ください。

 

正しい椅子の座り方を知る事ができます。

 

 

デスクワークで座りっぱなしの状態が続くと、腰痛の原因になってしまいます。

 

そこで腰痛を改善・予防するためには、デスクの正しい座り方を知っておきましょう。

 

座ってパソコンなどの作業をしていると、気付かないうちに猫背になっていることがあります。

 

下腹が出たり、反り腰になることで、腰への負担が強くなり腰痛が悪化してしまいます。

 

腰痛を改善するためには、椅子に深く座り、背もたれに背中をつけるようにします。

 

顎は上げないようにして、脚は開かないようにして、太ももを付けるように意識しましょう。

 

足は組んだりせずに、両足をしっかりと床につけると安定します。

 

背中はまっすぐになるようにして、猫背になってしまう場合は、背もたれと背中の間にタオルをはさむようにしましょう。

 

タオルが落ちてしまうと、空間があいているという証拠です。背中が丸くなってしまうという場合は、クッションを入れるといいでしょう。

 

肩肘をついたり、頬杖をつく癖があると、身体のバランスが崩れてしまい、腰への負担が強くなってしまいます。

 

膝の関節が、股関節よりも高くなるように、椅子を調整するのも大切です。

 

椅子が高すぎて、調整が難しい場合は、足の下に台を置くようにして調整しましょう。

 

 

デスクの座り方1つで腰痛を予防したり、逆に悪化させたりするんです


腰痛体操を行って痛みを緩和

腰痛体操で腰の痛みを和らげつつ改善する

 

腰痛で眠れない時に行うストレッチ法としてお勧めなのが腰痛体操です。

 

名前の通り、腰痛が出た時に行う体操なのですが、腰痛の予防にも役立ちます。

 

以下の動画で腰痛体操の手順を紹介していますので、ご覧ください。

 

 

腰痛体操を行うことで、痛みを改善することができます。

 

特に腰痛のせいで気持ちよく眠れない時は、この体操を行う事で痛みを和らげて眠れるようになるでしょう。

 

ただ、自分の体に合った体操をしなければ、症状が悪化してしまうこともあるので注意しましょう。

 

背中を丸めた状態や、前かがみで腰が痛む場合は、まずうつ伏せになりましょう。

 

その状態から、肘を床に対して90度にして、上体を反らしたまま5〜10分ほど維持します。

 

その後、腕を伸ばして、腕立て伏せのように伸ばしてみましょう。

 

反対に、身体を反らせると痛みが出るという人もいます。

 

その場合は、仰向けになって両手で両足を抱えて腰と背中を丸めるようにします。

 

何度か繰り返すことで、腰が楽になると感じるでしょう。痛みなどを感じる場合は、片足ずつ行っても構いません。

 

これらの腰痛体操は、痛みを改善することはもちろん、予防することも可能です。

 

自分に合った方法を覚えて、毎日寝る前などに行うと効果的です。

 

自分の症状と違う体操をしてしまうと、痛みが悪化してしまうことがあるので注意しましょう。

 

まず、自分の腰痛の状態を確認して、どのように動かすと楽なのかを判断してから体操を選ぶようにしましょう。

 

痛みなどがある場合は、決して無理に行う必要はありません。自分が気持ちよく行える範囲で実施します。

 

これで夜に腰が痛くて眠れない時の対処法として役立ちます。

 

腰の痛みで眠れない状態が続く際には是非とも試してみてください。

 

また痛みが消えたからといって、体操をしなくなると再発する可能性も考えられるので習慣化していくようにしてください。

 

腰痛体操を知っておけば、痛みで辛い時にも和らぐのでおススメです。

 

 

腰痛体操は痛みが出ない範囲で行い、痛みが消えても習慣化すると予防も出来ますよ



TOPへ戻る